黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

活気と閉塞

=Posted by Taka.=

どこかの記事で読んだんですが(うろ覚え)、
上海では、物価がどんどん騰がっているそうです。
で、玉子が一個100円をするようなこともあるようです。
で、市民に聞くと、
「確かに物価が騰がった。それでも大丈夫だ。
だって、給料も(株も不動産も)どんどん騰がるから。」
との答え。

なんか何十年前の日本とおんなじ雰囲気がしませんか。

(中国経済がいいとかわるいとか言いたいんじゃなくて。)

そこには、将来の展望が明るい、っていうことが
活気としてあらわれているような感じます。
ひょっとしたら、根拠はないのかもしれません。
しかし、実感があるのでしょう。

・・・

最近の報道をみていますと、
だれだれの足を引っ張る報道がやたら目に付きます。
他人の足を引っ張る暇があれば、
自分ががんばったほうがいいと思うのですが、
なかなかそうはなってないようですね。

おそらく、自分が(世間が、日本が)どうすればいいかわからない
という閉塞感が活気を損なっているのだと思います。

もちろんダメなことはダメですが、
認めるところは認める。
そして、認めてからプラスアルファを・・・

・・・・

そう、昨日の内容とおんなじことだと思うんです。

生肉をナイフに突き立ててお客様に出す料理人を
オーナーが首にすれば、そこで話は終わります。
その料理人(凄腕なのは前提)のプラスアルファを見ていくことで
活気が生まれるのです。

日本という国、そして日本市場は、まだまだ凄腕です。
凄腕の間に、閉塞を活気に変えれればいいのですが。。。
まだまだ、そのチャンスは多いと思っています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。