黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東北関東大震災について2

=Posted by Taka.=

2.風評被害

風評被害が必ず出ます。
個人で対応するのは限界がありますが、それでも個人の知の結集か全体の知なので、
こつこつ情報収集を怠らないようにしましょう。
また、政府を初めとする大本営は、風評被害に気をつけて情報を流して欲しい。
加えて実施についても、考えて行動するべきだ。
昨日も書きましたが、部分停電、節電の自粛は
これから襲ってくる甚大な被害に大きな影響を与えることになるのでやめたほうがいい。
ただし、平米数に応じた電気料金の値上げ(←一例)をすることによって
経済合理性に基づく節電を奨励する。これは、これから来る多きな設備投資や補償に対する
原資に充てる。
ただただ、我々庶民は感情で動くのだけれども、政府は経済合理性を見据え、
今後の復興を視野に入れた経済政策を、今、採らなければならないと思う。

阪神淡路大震災の時は、結果論敵に言えば何とか復興できたと言ってもいいかもしれない。
しかし、その規模をはるかに上回る今回の被害に対して、
もう一度それをやる経済的パワーがあるのかどうか。
知恵を振り絞って、考えて欲しい。

地震国債は、今の経済情勢では不向き。
国債暴落のリスクの方が高い。
でも財源は必要。
日本の収税の仕組みと弱者対応を考えた場合、
消費税で対応するより、所得税で対応する方がいい。
時限立法なりなんなりで、一年限定で、年収500万円以上は1%年収700万円以上は2%1000間延々以上は3%
の増税を実施して、地震国債はやめる。
(↑一例)
消費税を上げても、食料品は無税で対応できるならそれも一法。

とにもかくにも来るべき近い将来に対しての、
日本の国力、経済力を維持、拡大する素地を今作る必要があると思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。