黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカ合衆国の異端児たち

=Posted by Taka.=

アメリカ合衆国の異端児たち  越智道雄 著

黒い羊がいる。
この黒い羊はなんだろうか?
いいのか悪いのか?

多分、黒い羊は必然なんだと思う。
しかし、この黒い羊を黒い羊足らしめる枠はどのような枠なのか。

黒い羊が問題だということも可能だが、
論理的に考えると、その枠の問題だというのと同義なはずだ。


村の若者が、東京に憧れ、村に失望し都会へでていく。
この若者は村にとって黒い羊なのだ。

アメリカという枠を通して、黒い羊にスポットを当てる。
これがアメリカにスポットを当てることに他ならない。

この本はアメリカ版ですが、イギリス版も出版されているようですね。
機会をみて読みたいですね。

ただ、すんなり頭に入るほどの知識が不足しているので、
勉強しながらの読書となってしまいました。

いい本だと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。