黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギャンブル17「ニュース」2

=Posted by Taka.=

以前に、スタンレーホーさん一族がメインの時のマカオと
それ以降いかにマカオが変わったのか、に少し触れましたが、
そのスタンレーホーさん一族が、もめにもめているそうですね。

以下は抜粋。

まるでテレビドラマのような話だが、マカオのゲーミング市場の3割超を支配するスタンレー・ホー氏の資産を巡る一族の争いが表面化し、香港市場ではSJM株の取引が停止する騒ぎとなっている。89歳という高齢のスタンレー・ホー氏に関しては、2009年の夏に転倒して頭部の外科手術を受けて以来、その巨大な帝国の後継問題が注目されてきた。同氏には現在の妻を含む4人の妻と前妻たち、知られているだけでも17人の子供がおり、相続問題をより複雑なものにしている。今回の騒動は今週月曜日、香港の証券取引所に、同氏が所有するSJMの持ち株会社STDM株のほぼ全てが2番目3番目の妻とその子供達の所有となったの届け出がなされたことに端を発する。直後にこの届け出に対してスタンレー・ホー氏側から「今回の手続きは許可無く行われたものであり、株の返還がなされない場合には法的な処置を講ずる」との発表があり、香港市場では以降SJM株の取引が停止されている。2番目の妻の子供には、MGMと合弁でカジノを経営している実業家のパンジー・ホーとメルコクラウンを運営するローレンス・ホーが含まれており、噂ではパンジー・ホーと、現在のスタンレー・ホー氏の妻、アンジェラ・レオンは折り合いが悪いと言われてきた。

抜粋終了。

もともと、奥さん同士の折り合いが悪く、
私のところに届いたうわさでは、4番目の奥さんが相当やり手というかなんというか。。。


いずれにしても、ホーさんもご高齢で、
いわゆるひとつの時代が終わる、という時代の流れなんでしょうね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。