黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スキー滑走禁止区域の救助自己負担

=Posted by Taka.=

今年もスキーのシーズンが近づいてきましたね。
残念ながら、今シーズンも見送り予定なんですが。^^;

なんちゃってスキーヤーの私は、
若かりし頃、滑ってはいけない場所を滑っていたことがあります。
今から思えば、いちびりの恐いもん知らず。
しっぺ返しが来ないうちに、良識ある?大人になれてよかったです。


さて、今シーズンから、

長野県野沢温泉村がスキーヤーの注意義務などを定める「スキー場安全条例」について、
同村議会は11月10日、全会一致で条例案を可決した。
スキー禁止区域での救助費の負担など、スキーヤー側の自己責任を求めている。
村によると、こうした条例は全国で初めて。1日から施行される。
条例は、スキーヤーとスキー場管理者らの責務を明確にし、事故を防ぐのが目的。
スキーヤーにはコース標識などのルール順守を求め、スキー禁止区域での事故で救助された場合、
救助費を管理者に弁償しなければならないとした。
村はスキー場区域を定めることとし、管理者には区域内で安全対策を講じることを求めた。

とのことです。

スキーは、慣れてくると意外なところで大怪我が潜んでいるレジャースポーツです。
くれぐれも、注意して楽しいスキーを心がけましょう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

至極当然の対応とは思いつつも、スノーボーダーを主眼に置いた対策のように感じてしまうのは偏見でしょうか?

東 | URL | 2010年12月05日(Sun)11:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。