黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

味にも拘りたいんですが

=Posted by Taka.=

ペーパーレスのコーヒーフィルターの弱点は、
ペーパーに比べて、目が粗いことなんですよね。

どうしても、サーバーの底にコーヒーの粉が沈殿します。
気にならない人はならないし、なる人はなりますね。

私は、日によって変わりますが、気になるときは、まぁ捨てています。

ちょっともったいない気がしないでもないですが、
ペーパーレスのほうが、濃い目に入りますので、
本当は、沈殿分を捨ててもペーパーとそんなに変わらないのです。

それから、コーヒーメーカーが変わったときに気をつけないといけないのは、
コーヒーメーカーの中が洗浄できないので、
いきなりコーヒーを入れると、プラスチックくさいコーヒーが出来上がります。

3回くらい、水だけで管を通し、
一回入れるごとにサーバーを洗い、
そのあと、1,2回は捨てコーヒーを入れて、
やっと、いつものコーヒーを入れるのです。

とはいえ、コーヒーは日常のことなので、
拘りと手間の天秤で、どうしても手間がかからない方が勝っちゃいます。

たまにのことや、特別なときなら別ですが、
手間がかからなければ、適当に美味しいコーヒーで満足です。
with milk なので、厳密なところまではあまり必要ないですし。

というわけで、粉は最初から挽いているタイプのものを使用。
保管は、内側がアルミ箔で密閉しますが、常温で保管。
計量カップですくって、あとは水だけ入れてスイッチオン。

この程度の手間での美味しいコーヒーで充分満足しています。
豆の種類も好みはありますが、基本的には何でもOK。

今は、嫁からの差し入れの
中国雲南省産のコーヒーを楽しんでします。

雲南省は、ウーロン茶やプーアル茶の産地でもありますが、
コーヒー豆もいいのが収穫されているようですね。
なかなか美味しいです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

雲南アラビカ思芽(しもん)というコーヒーを飲んだことがあります。なかなかおいしいですよね。

東 | URL | 2010年12月08日(Wed)01:24 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。