黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

閉塞感を他所に2

=Posted by Taka.=

閉塞感を他所に。。。を実現するためにはどうするか?

これが簡単なんだったら、誰も苦労しません。閉塞感も生まれません。
でも、なんとか知恵を絞りたいですね。

全体的には、円安。
まぁ、いろいろと異論はあるでしょうけど、外貨獲得>国内還流というのは技術立国としては、
望みたいケースの1つですね。

ただ、為替介入や、バランス論として円安になればいい、という考えではありません。
閉塞感を打破するためには、これまでどおりに戻ればいい、というのではなくて
これまでどおり+@が必要ですからね。

乱暴な意見ですが、
リバランスされて、結果円安になるまで、どんどん買いに行けばいいと思っています。
食料でもいいし、資源でもいいし、日本に無いもの、必要なもの、そういうのを
どんどんどんどん買うのです。
買う結果
(それは、円を海外に出すことになるので国内にある円の量が同じであればその分だけ円が増えますから)
円安になります。

でも、一気にモノが入るとデフレ要因にもなりますから、急には入れません。
腐らないモノを買うのが肝要です。
小麦粉を買わず、農園を買う。
メタルを買わず、鉱山を買う。
円安になるまで、海外資産を持ちましょう。

もう、そういう動きはありますね。丸紅のチリ鉱山とか。
でも、全体で見れば足りません。足りるのは150円位になるまで買うことでしょうか?

暴論承知ですが、
閉塞感打破のためには、これくらいしないと。


さて、個人。
我々小市民はどうすればいいのか?

冒頭でも言ったように、難しいですね。
さてどうしよう?
思ったことと実行できることも違いますからねぇ。

でも、全体も個人も経済行動で言えば同じ筈。
なので、上記で言ったことを個人レベルで実行できればいいんです。
さて、どうやって個人レベルまで落とし込むことが出来るのか。
今後の課題ですが、
閉塞感を他所に“金余り”のおすそ分けを頂戴するには考えなければいけません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。