黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近の経済学

=Posted by Taka.=

私は勉強しない学生でした。
周りの友人知人も勉強している人はほとんどいませんでした。

今は、勉強していなかった学生時代を少し悔いています。
悔いている分がエネルギーとなって、今のほうが勉強しています。(つもりです。^^;)

専攻は経済学部だったのですが、
学校が学校のせいか、
経済学の2潮流は、「マルクス経済学」「近代経済学」でした。
この分類だけで、なにをかいわんや、です。笑。

興味の赴くままに、書物を手に取ると
大体、行動経済学関連が多いですね。

昔に勉強していなかったけど、それでもその残り香のようなものと比べると
随分、違う印象がありますね。
こっちの方が、随分親しみやすいです。

ただ、経済学(に限らずですが)は、その時のおかれた環境によって
バームクーヘンのように、適合する考え方が
表、裏、表、裏・・・と入れ替わっていると感じています。

恐らく経済学全体を網羅する全体理論のようなものではなくて、
この経済環境においては、こういう経済理論、という感じのほうがしっくりきます。

もともと、経済学は経世済民の学問ですので、
その時の環境において、手を打つ方法は変わって当たり前なんですよね。

原理的に、
公共投資はだめ、とか
緊縮財政政策が第一義、とか
*)もちろん同じ意味で逆もまた真です。
というのは、非常に危うい感じがします。

まず、前提の理解が必要なんですね。

風邪薬が必要なのか、整腸剤が必要なのか、
一粒飲んでどんな病気も治る、そんな薬はないのと一緒ですね。

さて、今の日本では、どんな薬が必要なんでしょうね。
私はせいぜい対策しか立てられませんからね。
政策は、(大まかに言えば)お任せするしかありませんから。
偉い人、頼んますよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。