黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こんなに使える経済学

=Posted by Taka.=

こんなに使える経済学 大竹 文雄 編

経済学ってなんの役に立つのだろう?って疑問に応えようとする一冊。
経済学部で経済習ったけど、それ以来とんとご無沙汰、っていう私にぴったり。笑。

簡単に言うと、経済学(という考え方)で正解にはたどり着かないかもしれないけど、
よりよい仕組みを作る際に大きな落とし穴にははまらず、制度設計するには役立つってこと。
それには、マネーという価値から推し量ることによって見えてくるものが多い。

(お金に置き換えられる価値ではない、価値というものはそんなものではない、と
考える対象や人は一定数いるでしょうけど。)

本書では、具体的な例を用いながら経済学が身近なものになるように、ってことなんだ。
内容は、週間エコノミストに連載された記事を編集されたもの。

例えば、
タバコを吸う人は年収200万円減ったのと同じ位の不幸の大きさである。
とか
太り気味の人は、現在の食べることによって得られる満足と
将来太ったことによって得られる不具合がトレードオフの関係になっているので、
せっかちさの度合いが大きい人(経済学で言うところの時間割引率)にその傾向が強い。
とか
読み物としてとっつきやすい内容ですね。

経済学ってなんだか小難しい、って感じているんだけどほんのちょっとは興味があるんだ、って方には
お薦めの本ですね。

別にこれを読んで経済学が分かるようになるとは思わないし、
読んだからといって賢くなるわけでもないんだけど、
サラッとみんなには読んで欲しいなぁ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。