黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

孔子

=Posted by Taka.=

孔子  井上 靖 著

まるでコールタールの海を随分泳いだ感じがします。
その中で、泳ぐのが辛く、そして決してコツをつかむことが出来ない。

井上靖の文章をスラスラと読んでいく力が無いのです。
おそらく、昔の人はこういう文章にコールタールのような抵抗は感じなかったんだろうなぁ、と
思います。

孔子そのものを考えても、それだけで噛み応えがあるのに、それに加えて井上靖。苦笑。
井上靖の作品は、好きで何冊か読んだことがあるのですが、そのどれもが読むのに力不足。

いつか、スラスラと読むほどに読む力がつくのかしら?
と思って挑戦し、敗れる、といういつものパターン。
まだ、題材が興味を覚える分野なので、今回はまだ楽しめた方かもしれません。


どんな文章もスラスラと読みこなすには、
まだまだ精進が足りません。

話が逸れますが、昔、といっても私が小学生の頃は
本をあまり読んだこと無いやろうなぁ、という大人が
本を読んでるなぁ、という単語や言い回しをよく使っていたような気がします。

昔はみんな、えなりかずきのような言い回しが出来ていたんでしょうね。
えなりかずきだけが、そのいい言い回しを保持で来ていて、
その他大勢がすっぽりとレベルが下がったのかもしれません。^^
もちろん、井上靖で梃子摺る私もその一人。

なんとかしたいもんですわ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。