黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

屁理屈?

=Posted by Taka.=

時々、細かいことが気になります。
そんなん、ほっといて楽しんだらええやんか!と言われそうなんですが。。。

プロ野球、交流戦で盛り上がっています。
普段は対戦できないチームや選手が対戦することになり、
新鮮な気持ちでゲームを観るのは楽しいことです。
選手同士も交流という意味では、実りが多いことでしょう。

こっから先は記憶があいまいですが、
交流戦が導入される前は大体年間で140試合じゃなかったでしたっけ?
(年によっても、セパによっても違うでしょうが。)
で交流戦をするようになってから大体100試合+交流戦36試合(位)ですよね。

公式戦って、いわゆるリーグ戦で年間を通じてコンスタントに一番強かったのが優勝という
システムでしょう。計算の仕方にもよりますが、30%程度のリーグ戦が無くなって
代わりに一発勝負のトーナメント戦のような試合がカウントされて、それの合計が
リーグ戦の優勝者に決定される。

これって少しおかしくない?

もともと興業の関係もあって140試合程度だったんだろうから、
140試合という数字が意義のあるものというより、基準という考え方でええんやろうけど、
その試合数が30%減ったときにそれは、リーグ優勝として同じ価値といえるのかしら?
(もっとも、同じ価値である必要がないといえばそれまでですが。)

交流戦がダメってことではなくて、
交流戦はトーナメント戦としてや、または今までの公式戦とは違う形でやってくれた方が
成績としてはスッキリすんやけど。(140試合もしくは標準偏差として許せる試合数。)

サッカーのこともよう分からんけど、
Jリーグの試合をこなしながら、海外のチームと戦っていますよね。
選手そのものはこれまでよりハードになるかもしれんけど、
もうちょっと違う考え方があってもええんやないのかなぁ。

例えば、セパ一緒にして140試合でもええねんけど。
要は、確率の偏りのある別の試合同士を同じカウントするってのはおかしいってことです。

まぁ、日経平均だってコロコロ銘柄を変えて同じ日経平均として使ってるんだから
そういうもんなんかもしれんけど、名称がおんなじで内容が(充分な説明もないままに)変わる
ってのは、ちょっと気持ち悪いわけなのです。

・・・ハイ、屁理屈です。笑。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。