黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神々の山嶺(いただき)

=Posted by Taka.=

神々の山嶺(いただき)
原作:夢枕獏
漫画:谷口ジロー

乱読カテゴリーで初めての漫画です。
漫画は書籍と変わらないくらい読んでいますが、私の見栄で書評は書いていません。笑。
まぁ冗談はさておき、漫画はあまりにも幅が広すぎて、
書籍と漫画を区分けすることすら意味を成さなくなったなぁ、と感じているので
乱読に入るものは漫画でもいいかと考えています。
(勝手な自己基準です。)

山、の話です。
対象はエベレストと主人公羽生の物語ですが、結構面白かったです。
面白かった、と言うよりは熟読した、という感じの方が近いでしょうか?
面白かった、というとニュアンスが間違っているかもしれません。

劇画タッチ(たとえて言えばゴルゴ13のような(それでも全然違いますけどね))で、
ストーリーも固い、対象も山、とあっては一般的に言って女性には興味の沸かない作品だとおもいます。

漫画って、絵を見て文字を読んで、それがワーッと頭の中に入ってくるでしょう?
自分専用のスピードで映画を観ている様な感覚が、私にはあって、
むしろいい作品は、映画よりも随分評価が高いんです。
でも、今回の漫画はそういう僕の持っている漫画の感覚ではなくて、
その作品で書かれていないストーリーが頭を駆け巡るんですね。
この感覚は漫画よりも小説を読んでいるような感覚なんです。

絵もストーリーも実直なので、
とっつきにくい漫画ですが、時間があれば一度手にとって見ることをお薦めします。

書評を書きたいわけではなくて、
漫画と書籍の境目みたいなところ、の社会的なコンセンサス
(といっても私もどっぷり浸かっていますが)にちょっとクレームをつけてみたかったわけです。^^;




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。