黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワインのキャップ

=Posted by Taka.=

先日、謙からの書き込みがあった、
ワインのキャップの件ですが、
以下は、個人的な感想です。

天然のコルクが不足しているということ。
技術革新は、従前のものより高い評価を受けないと
往々にして市場に出ないということ。

実際にスクリューキャップがいいのか
天然コルクがいいのか、を論じる前に
以上のことから
スクリューキャップのほうに軍配が上がりそうな感じがします。

このことは、相対的判断に基づく結論で、
このこととは違う次元(切り口)の感想もあります。


謙が触れていたことでもありますが、
ワインの味、の問題です。
アルコールはもともとが嗜好品(性格が強い)ですので、
本来は、どの味をもっておいしいとするのかは
非常に難しいもんだです。

*日本酒においても、ある一時期を境にして、
 端麗、辛口、といったタイプが圧倒的な支持を得るように
 なりました。
 これは、日本酒製造の新技術と消費者の嗜好の変化が
 重なったと考えればいいと思います。

そういう意味では、
今後、スクリューキャップのワインのほうがおいしい、
ということになるかもしれません。
(そうならないかもしれません。)

ワインや日本酒は、
醸造酒ですので、蒸留酒よりは
出来た後でも変化の多い飲み物です。
その変化を好む場合、スクリューキャップでは
ちと役不足かもしれません。

で、長々と書きましたが、
以上を踏まえて、わたしの(ざっくりとした)主観的結論は、
ビンテージは天然コルク
ビンテージ以外はスクリューキャップ
こんな区分けでいいように思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。