黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょっと釣りの話でも②

=Posted by Taka.=

で、まぁ、そういういきさつがあって、
以前より好意的に見るようになったら、意外と面白いことに気がつくようになるものです。

釣りは釣竿と糸と針の他にも、ウキや錘があります。
(リールも餌もルアーもあとタモとかはたまたクーラーボックスやらそんなんは今回なし。)

ウキが浮きすぎると錘を重めにしたらいいだろうし、
逆だと錘を軽くしたらいい。なんて考えていたんですが、これが大きな間違い。

この間、テレビを見ていると、
ウキの水面から出ている長さをどの程度にしたいのか

ウキの(魚が食いついてから)沈むスピードをどの程度したいのか
を考えて、ウキと錘のバランスを考えるのはもちろんのこと、
その浮いているウキがどれくらいになったときに引き上げたらいいのかを
考えて、ウキが水面から消えるタイミングにあわせたウキの長さを選ぶ、
他にも垂らす釣り針をどの深度にするかによって、ウキを変えたり
錘を変えたり。等々

・・・

まぁ、ウキと錘を取ってみても、やることの多いこと多いこと。(驚嘆!)

ルアーフィッシングで、ルアーが千差万別で
好きな人は、自分でルアーをつくることや、
投げ方?にも状況に応じていろいろあることは知っていましたが、
まぁ、奥が深いことです。

スポーツに限らずですが、
上手くなるって言うことは、反復が欠かさないってのが一つの条件だと思いますが、
なかなか大変なことですなぁ。

しかも勝負事ではないので(大会はちょっと違いますが)
釣果があったのが、自分のスキルかどうか厳密には分からないところが、
難しくもあり、楽しくもあるのでしょうか?

即物的な私には、まだまだ釣りの面白さが分かる境地には達しない気がします。^^;
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。