黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちょと釣りの話でも。。。

=Posted by Taka.=

釣りに関しては、
相当、独断と偏見に満ちています。笑。

その偏見を(まだ残っておりますが)
理知的にそして辛抱強く取り除いてくれた友人がいます。

振り返ってみると、
いつから自分の脳に偏見が棲みついたのだろうか?
などと思ったこともあるのですが、いまだによく分かりません。

まだ、小学生だった頃には
「釣りキチ三平」を楽しく読んだ思い出があります。
(バスフィッシングの話や、東北のドント突き漁法などわくわくものでした。)
釣り漫画ではないですが
偉人シリーズ?の実録漫画っていうのがあって、
その中で、ムツゴロウ漁法は随分心を奪われたものです。
(針金で子供心にそういう風なものを作った思い出があります。)
また、「おれは鉄兵」では、主人公の鉄兵が
ウキや錘のないままにイワナを釣り上げるシーンがあり、
野生そのものに感動した覚えがあります。

*)全部、漫画ですわ。笑。

一方で、(おそらく)道徳観念というものに深くかかわっていると思うのですが、
かわいそう、という感情が肥大化していったのが一つの原因となっている気がします。

生きとし生けるものを、かわいそう、とおもう心は大切だし、
これからも大事にしたほうがいいと思うけれど、
そういう原始的というか直感的な感情が間違っているケースもあるわけで、
そのようなときに、理論的に対処できるかどうかが問われるのが
大人、だと思うんです。

・・・

こういう理論的に対処できるかどうかっていうのは結構大事なことなんですが、
なかなか身につかない自分がいるわけでして、反省の毎日です。笑。

・・・

まだまだ、書き足りないのですが、
そういうことがあって、釣りは(食を支える手段以外に)
スポーツとして捉えてもよい、という考えになった次第です。

今回は心の変遷を辿ったわけでして、
その内容については割愛させていただきます。^^;
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。