黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シンプルに

=Posted by Taka.=

あまり時事ネタは好きじゃないんですけど、と前置きをして。

この3月31日で暫定税率の解消が行われる見通しです。
ガソリンの暫定税率に焦点が当たっていますが、
暫定税率といってもけっこうあるんですね。

ガソリン、軽油はそうなのですが、
そのほかにも、自動車取得税や自動車重量税なんかもそうですね。
それらとは逆に、暫定税率がなくなってしまうと負担増になるものもあります。
海外から仕入れるタバコやウイスキーなんかは負担増に。
その他、不動産に関する免許登録税なんかも負担増になるそうですね。
なんだかいろいろありそうです。


・・・

結局、つぎはぎでしてきたから、こんなにたくさんの暫定ができたわけですが、
それぞれがいいのか悪いのかの議論の前に
(その議論もあまり聞きませんが。)
+と-を比べて、差し引きして、余った(+か-かわかりませんが)分をどうするか、
と考えると、税の仕組みが簡素化されるんじゃないでしょうか?

そもそも政治家の方々(というか国家かもしれません)の主要な業務のひとつは、
資本の再配分にあるわけですから、
暫定税率の問題は、本来あるはず?の配分から
なんらかのパワーバランスによって
配分が変わっていることに他ならないわけです。

その辺りのことを考えて、できるだけ配分の仕組みにコストのかからない
体制(すなわち税法のスリム化)を作ってほしいものですね。


それから、ここは私たち庶民の考えと大きく乖離している点なんですが、
以前、テレビで、
「地方は予算を組んでいるのに、2.6兆円の地方への配分がなくなると
大きな支障をきたす。」
と発言されている方がいました。

でも、暫定税率の見直しがあるということは、
まだ、その2.6兆円分は予算として計上したらあかんのとちゃうの?
2.6兆円がない状態で予算をつくらなアカンのとちゃうのかな?
ということは、最初からもらえるもんのつもりで予算つくるってことでしょ。

道路が必要かどうかの議論の前に、
根本的なところで変えていかんと、
道路という名前が変わるだけで、予算は劇的に減ることはないかもしれませんね。

・・・

まぁ、ぼやきは弱者の特権ということで。^^

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。