黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

草津温泉紀行⑤

=Posted by Taka.=

夕食を終え、早速次の浴場へのプラン作成です。
限られた時間を有効に活用し、回らないと全部制覇するのは無理だからです。

まるで、初めて行ったスキー場は、
全てのコースを回ることを原則にしていた、学生時代を思い出します。

もちろん、湯治をしに行っておりますので、
ゆったりした気分を忘れてしまっては本末転倒です。

楽しみながら、そして全部回る。
そんな温泉めぐりが出来れば最高ですね。

次の日からは、丸一日とれますので、遠くに出かけることとして、
夕食後は、近場をいくつか回ろう、というプランとなりました。
そうして回ったのが、
「翁の湯」「凪の湯」です。

翁の湯は、湯畑源泉のお湯です。
最近改装されたようで、きれいです。
お湯は無色透明。
湯の温度は、やや熱いですが、白旗の湯の左側よりも入りやすいです。
浴槽は湯の中に御影石があり、そこに腰掛けると半身浴ができます。
もちろん、源泉かけ流しで気持ちよかったです。

凪の湯は、西の河原源泉のお湯です。
ここは、賑やかな通りに面しているんですが、
なかなか分かりにくい場所にあります。
一等地はお土産屋さんが並んであるので、
共同浴場は、どうしても少し奥まったところにあるのかもしれませn。

この、凪の湯に早くも手厚い洗礼を受けました。
いや、手熱い洗礼の間違いです。

熱くて入ることが出来ません。
幸い、貸切状態でしたので、水でうめることは可能です。
それようのホースも備え付けてあります。
しかし・・・そのホースが短く、水もちょろちょろとしか出ません。
うめるのを待っている間に、風邪を引いちゃいそうです。

風呂好きを自称する私としては、
入らないのも釈然としません。

ぎりぎりのところで折り合いをつけました。
入ったのは、およそ2分。
浸かったのは、ふくらはぎまで。

初日から、先が思いやられる展開となりました。

・・・

宿のお風呂も共同浴場と同じく、
源泉かけ流しのお風呂です。
しかも、24時間入ることができます。
最後のお風呂は、内湯で、身体もきれいに洗い、
ゆっくりすることが出来ました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。