黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

発酵は力なり

=Posted by Taka.=

発酵は力なり      小泉武夫 著

久しぶりにいい本にめぐり合った気がします。

食べ物に興味のある方なら、
一度手に取られてはいかがでしょうか?

知ってることもたくさんあるかと思いますが、
作者の食べ物に対する気持ちがいいので、
知識としてはもちろんのこと、食べることがもっと好きになるかもしれません。

・・・・

作者名を見て、麻雀を連想した人は、病気ですので、
お知らせください。
一緒(4人で)に治療しましょう!。笑。

スポンサーサイト

PageTop

デービス王朝

=Posted by Taka.=

デービス王朝  ジョン・ロスチャイルド 高木義治 訳

デービス(お父さんのほう)が10億ドル位資産を持ったときにでも、
子供たちは、自分の家は決して裕福ではなくて、
どちらかといえば貧乏人の子供だと思って暮らしていた、そうです。

以前に、
邱 永漢さんが、
「道に落ちてる1円を拾うのに2円分のカロリーがかかるから拾うほうが損だ、
と考えている人はお金持ちになれません。お金持ちはそう考えている間に
拾っています。」というようなことを言ってました。

まぁ、あくまでもたとえ話であって、実際に一円を拾う拾わないって話じゃないですけど。

・・・

わが身を振り返ると、
あまりにも心の贅肉が多いことを痛感させられます。

社会全体に贅肉が多い時代はそれでもいいのかもしれませんが。。。


ハリ(ハレ)がアカンのとちゃうんじゃないんです。
ハリ(ハレ)を楽しむためにメリがあるのに、
メリ(ケ)がハリに近づくと、
メリハリが利かないってことになる。
ハレは大いにハレを楽しむ、
だからケがハレに近づくと、心の贅肉がつく。
そういうことなんだろう、と自戒しよう。

自戒できるかしら。^^;

PageTop

商売人の考え②

=Posted by Taka.=

(さらに昨日の続き)

そやからいうて、
誰もがこんなことはしません。

だれもかれもがそんなことしたら、多分、別の手を考えるんやろうけど。^^

多分、高速バスの件は
そんな話を聞いたとしても、実行する人は少ないんちゃうかな?
そやから、おおっぴらに書いたんですけど。笑。


商売人っていうのは、他の人より
「活きたお金の使い道」
に気がいくタイプが多いと思います。

そやからいうて、みんながそんなこと気にしてたら
それはそれで大変な世の中になるとおもいますし、
そもそも「活きたお金」の考え方そのものがいろいろあるわけですから。


で、
ほんまの商売人は、
缶コーヒー2缶分を、きっちりどっかで節約して、
本来の何千円分か浮かせた交通費からチャラにする、ことはしません。
それはそれ、これはこれ、でしっかりしてますわ。
(私はまだまだその域には達していません。^^;)
でも、そんなしっかりもんの商売人ほど、
奢るのが好きで金遣いもしっかりしてる人が多いですなぁ。

PageTop

商売人の考え

=Posted by Taka.=

(昨日の出来事の続き)

そうはいっても、この高速バス。
他の交通機関と比べると安いし、寝てる間に移動できるので、
なかなかいいもんだと思います。

ただし、それは、
・長時間乗り続けられる
・狭い椅子でも我慢できる
・融通が利かない
なんてことを我慢できる人に限られます。
(飛行機のエコノミーよりも快適なバスもでてきました。)

飛行機代をケチって、高速バスに乗るのが
商売人の考えやぁ!という気はさらさらありません。
そのときの状況でどっちがいいかは変わりますから。
(どんな状況でも高速バスという選択肢がない方から見れば
それはそれで、商売人(というか)貧乏人なのかもしれませんが。笑。)

ちょっと横道に逸れました。

ざっくり言って、高速バスは飛行機の1/3の値段です。
(そういや乗ってる時間はざっくり3倍で符牒してるのかな?)
そうすると、飛行機に乗ったと仮定すると何千円か浮くわけです。
その浮いた何千円のお金から、
バスの運転手に缶コーヒーを2缶(2人分)プレゼントするわけですわ。
「長時間お疲れ様です」ってね。

そうすると、万が一
(例えば、トラブルに巻き込まれたとか
腹の調子が悪くてトイレ休憩の集合時間に遅れたとか)
のケースでも覚えがいいというもんですわ。

んでもって、そういうことを期待するんでもなくて、
そういうところに一応の気を配ることと、
その気を配ることのコスト
(ここでいう何千円か浮いた金のほんの一部をコーヒー代としておごること)
を比べて、充分に活きた金の使い道やと判断して行動することが
商売人の考えやというわけですな。

PageTop

マジでぇ

=Posted by Taka.=

高速バスに乗りました。
昔とは違って、ほとんどの交通機関は全席禁煙。
これも時代の流れですね。

私は、タバコの煙あ苦手ですので、
全席禁煙はありがたいことなのです。

高速バスなので、長時間乗車することを考えれば、
なお助かります。^^/

で、受付を済ませて、乗車位置を確認しようと思って
ステップを一段上がると。。。。

猛烈なタバコのにおい。

始発駅(停留所)なので、明らかに異常です。
(その他のいくらかの理由も考えられますが、)
絶対、運転手が吸いながらやってきた、のは間違いない。

なんで全席禁煙になったのか?
その意味が分かってんのか!と。

タバコの臭いに耐える7時間の苦行です。^^;

PageTop

預かりモノ注意

=Posted by Taka.=

友人からブーゲンビリアを預かりました。
枯らさないように注意しないといけませんね。

そのブーゲンビリアに蕾がつきました。
持ち主より先に、その花を楽しむことができるのでしょうか?

役得ですな。^^

PageTop

納得!

=Posted by Taka.=

伝聞推量。

聴いた話なので、説得力を持たないかもしれませんが、
いい話だと思ったので、本人の備忘録として。。。

藤沢晃治著「わかりやすい説明の技術」という本があるそうです。(未読です。)
その中に、

われわれの体験は、
脳内の整理棚に収められる…という言い方があるそうです。
この脳内の棚を上手く使える人がいわゆる飲み込みが早い、
そして、この脳内の棚が上手に使えない人は、(もしくはない人が)
新しい体験に対して、あたふたする、というものです。

たとえば
一回訪れた場所を再度訪れた時に、
不安がるわけでもなく、実にその土地に溶け込むような印象を与える人は、
最初に訪れたときに新しい脳内の棚を上手くこしらえて、そして
引き出すのが上手い人なんでしょう。

そういうことを繰り返すうちに、
脳内が強化されて、あるとき“腑に落ちる”のに出くわすということだそうです。

そういや別の方から、
その道のプロになるためには、10000時間必要だ、ともききました。

職人は、身体で覚える、ともいいます。

どれも脳内の引き出しが活性化されている状態を言っているのだと思います。


“腑に落ちる”感覚の喜び。
もっと喜ぶためにも精進が必要です。^^;

PageTop

反動で。。。

=Posted by Taka.=

反動で、サボりすぎ。。。

イカンイカン。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。