黒毛和牛専門店「味鉄」オフィシャルブログ

これを読めば、あなたもお肉のプロの仲間入り!? 神戸ビーフをはじめとする黒毛和牛専門店のプロ達が、 お肉のことをはじめとして、お店のことから、 お肉とは全然関係のないことまで、徒然に書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギャンブル23「ニュース」3

=Posted by Taka.=

カジノ業界でも、新興国が元気がよく、先進国はもう1つ元気が無いのかもしれませんね。

マカオでは、こんなニュースが。

マカオの2月のカジノ売上高は前年同月比44.7%増の23億6,000万ドルと、
昨年12月に記録したそれまでの最高記録22億4,000万ドルを塗り替えた。
2011年に入って2月末までのカジノ売上累計額は前年同月比40.4%で推移している。

そして、ラスベガスでは。

ラスベガス・サンズのCEO、シェルダン・アデルソンが先日、
ウォールストリートのアナリスト達に今後の経営方針として
「コンベンション客、料金を支払って滞在する旅行客の集客に力を入れる
(=ギャンブル客へのコンプとしての客室提供を減らす)」と語った通り、
同社では従来ギャンブル客に無料で提供してきた客室や飲食サービス、
ショーのチケットの提供を中止しはじめている。

サンズ自身はマカオの売り上げが絶好調なので、全体としては儲かってると思います。

うるさいのもかないませんが、
ひっそりとしているよりも活気があるほうがいいですね。

スポンサーサイト

PageTop

ギャンブル22「カジノへ行こう」4

=Posted by Taka.=

フェリーに揺られて一時間ちょっと。
ようやくマカオに着きました。

マカオへ向かうフェリーは、夏冬問わず寒いので上着の用意を。(必須)
内海に近いので、あまり揺れませんが、船酔いの方は一応お薬のご用意を。

1.日本からの直行便だと、マカオのイミグレ用の用紙に記入の必要があります。
2.香港空港からフェリーの場合も同じ。
  この場合、フェリーの中で用紙をもらいましょう。
3.香港経由だと、香港出国の用紙を香港で出して(フェリーに乗る前)、その後は
  香港空港経由の場合と同じ。

イミグレを通過するときの用紙をなくすと厄介なので、パスポートと同じように管理してください。

1.の到着地は、マカオ空港なのでマカオのタイパ島というところに到着です。
マカオの中心地は半島ですので、中心地へ向かう場合は少し移動が必要です。
(グランドリスボア、リスボア、サンズ、ウィン、MGM等々)
それ以外の場合(GDO、ヴェネチアン等々)はタイパですので、移動が楽です。

2.3.の到着地は半島に接岸です。(フェリーによってはタイパ島着便もあります。)

1.2.3.の場合共通で移動に関して一番便利でわかりやすいのは
そのカジノが運行しているシャトルバスに乗ることです。
シャトルバスには誰でも乗れますので、気軽に乗りましょう。
移動にも使えますので、じゃんじゃん利用してください。
シャトルバスは、空港、フェリーターミナル共に出たらすぐのところにありますのでわかりやすいです。

到着する時簡によってシャトルバスの運行時間外の場合はタクシーでの移動になります。

マカオのタクシー料金は安いし、マカオ自体小さな地域ですので、
分からなければ即タクシー、という選択肢も正解ですね。

タクシーに乗るときの注意事項ですが、
1.英語が通じません。
  広東語かポルトガル語です。まれに英語が出来るときがありますが、ほんとに稀。
  なので、移動場所の漢字表記のものを指差しすればOKです。
2.チップはほとんど取られます。
  個人的には納得いかない場面もありますが、小額のチップは
  争いを好まない場合はそのまま受け入れた方がいいですね。
  激しく応対するのもありだと思いますが。
3.荷物代が必要です。
  トランクに荷物を積むと、荷物代が別途かかります。
4.道路事情
  マカオは信号が少なく、迂回路が多い道路の作り方になっています。
  直線距離だとすぐだけど、意外と回り道をしているような感覚になります。
  ほとんどの場合、わざと遠回りをする、というケースはありませんので、
  比較的安心して乗ることができます。

・・・

とうわけで長々と書きましたが、無事カジノに到着することが出来ました。

直接、カジノに行くよりは先にホテルにチャックインが通常のパタンなので、
その場合は、ホテルに入っているカジノのシャトルバスに乗ればOKです。

PageTop

ギャンブル21「カジノへ行こう」3

=Posted by Taka.=

さて、香港空港について一度香港の地を踏む場合。(イミグレを通過する場合)
マカオに行くことだけを考えれば、前回の方法でマカオに行くのが一番ですが、
香港空港からマカオに向かうフェリーの運行時間外の場合や
香港の観光やショッピングを楽しみたい場合は、
香港からマカオに向かうことになります。

香港からマカオに向かうには2箇所から出発できます。
香港島側なら上環(ションワン)にある港澳客輪埠頭(マカオフェリーターミナル・Macau Ferry Terminal)、
九龍半島側なら尖沙咀(チムサーチョイ)にある
中国客運埠頭(チャイナフェリーターミナル・China Ferry Terminal)の2ヵ所。
便数が多く、24時間運行をしているのは上環の港澳客輪埠頭。

*)上環の港澳客輪埠頭は信徳ビルの中にあるので、信徳ビルを目指していけば大丈夫です。

基本的にはどちらも同じ手続きですが、
香港空港に夜遅く着いた場合、時間の関係で選択肢は
上環(ションワン)にある港澳客輪埠頭の利用になります。

では、香港空港から港澳客輪埠頭(以下、信徳ビル)に行くにはどうしたらいいか。
行き方は3つ。
1.タクシー
2.AEL(エアポートエクスプレス)
3.バス

1.便利。英語が通じます。値段は高い。スーツケースがあると別途荷物代かかります。
個人的には、3名いれば利用するかなぁ、という感じ。
300ドル位かな?

*)時々、400ドルくらい請求されるケースもあるようです。
  距離的には200ドル少々、プラス高速代、プラス荷物代なので400ドルはかからないと思います。

2.早い。時間が最もかかりません。結構空いているので、確実に座れます。
片道100ドル往復180ドル。
ただ、AELの最寄り駅から信徳ビルまで若干距離があります。
 AEL香港駅から信徳ビルには、タクシー(18ドル)、地下鉄(4ドル)、徒歩(10分)の3つですが、
 徒歩が一番早いかも。行き方もわかりやすいので徒歩がお薦めです。
 面倒だったらタクシーかな。
香港空港からAELには、香港空港到着の時間によっては乗れないこともあります。
確か、最終は00:48。
ちなみに、空港からは改札がありません。切符が買えなくても(買う時間が無くても)
降りる駅で清算できます。急いでいるときは乗っちゃえ。

3.ほぼこれを使用しています。値段は一番安い。40ドル。
時間は一番かかります。タクシー同様、信徳ビルの前が停車場なのでわかり易い。
乗る路線は信徳ビルに行くときは、A11という路線に乗って上環駅下車。
バスがいいのは、24時間運行です。
夜は30分に1本となりますが、香港からマカオへのフェリーは同じ時間帯は1時間に一本ですので、
30分に一本のバスでも問題はないですね。


その他、AELに乗ってそのあとMRT(地下鉄)に乗り継いで効率よく安く行く、という方法もありますが、
旅慣れた向けなので割愛。

で、信徳ビルに着くと、いよいよマカオ行きフェリーに乗ります。
公然と旅行会社で割り引いたチケットが売っているので購入しましょう。
もちろん、正規で買っても構いません。
時間帯によって、幾つかのフェリーがありますが、一番早い時間のフェリーのチケットを購入しますので、
あとは、案内に従って乗り場に向かいましょう。

*)フェリー内は(というかどこでも)寒いです。1枚羽織るものを用意しておくことをお薦めします。

フェリーで1時間強ほど揺られたら、マカオに到着です。
マカオに到着してからは、前回に書くと言っていた、日本からマカオに直接行く場合と次回併記します。

整理するために書いてみて、これだけのボリュームがあるということは、
やっぱり、香港経由よりマカオにダイレクトに行く方が随分楽ということがわかりますね。

コスト重視で行くと、
格安航空券は香港行きが安いし、そのあと、バスで移動、フェリーは割引チケットというパターンが
どうしても選択されるんですようねぇ。
カジノで勝てばいいんですが。。

PageTop

ギャンブル20「カジノへ行こう」2

=Posted by Taka.=

さて、具体的にマカオに行くのにはどうしたらいいでしょうか。
ここでは、ツアーやパック旅行は脇へ置いて、個人旅行の場合を考えてみます。

マカオに行くには、大きく2つのルートがあります。
1つは、香港空港経由。
もう1つは、マカオ空港に直接行くルート。

*)中国大陸から行くルートもありますが、それについてはまた別の機会に。

一つ目の香港空港経由の場合

日本ー香港間を乗り入れているエアラインは本当に多くて、
どのエアラインを使うか決まっている方は別にして、どのエアラインを選ぶかは迷っちゃいますね。

どのエアラインか決まっていない場合のケースを分けると、
大体2つのケースに分かれます。

1つは、日系のエアラインがいいという方。
機内でも日本語が充分通じますし、なにかと精神安定的な要素もあるかと思います。
もう1つは、格安航空券を利用する場合。
この場合、エアラインはチケットが取れるまで分かりませんが、費用を安く出来るというメリットがありますね。

さて、チケットが取れる(香港に到着する)とそこから2つの選択肢があります。

1つは、香港空港から一度出て、香港経由でマカオに向かう方法。
もう1つは、香港空港内からトランジットしてマカオに向かう方法。

先に後者の方法から。

大きく違うのは、香港の地をパスポート上踏むかどうか、ということです。
後者の場合は、あくまでもトランジットなので、香港のイミグレを通りません。
(パスポートに香港入国の判子が押されません。)
もう少し、細かいことを書くと、
日本から香港に向かう飛行機の中で、香港のイミグレを通過するときに必要な用紙をもらいますが、
これを使いません。その代わり、香港空港からマカオに向かう船の中で、マカオ用の入国用紙に記入します。

日本-香港間の飛行機の中で、ダメモトでマカオの入国用の用紙はありますか、と尋ねたことが
ありますが、(当然ですが)ありません、とのことでした。

で、香港空港に到着すると、空港内にマカオ行きの船が出ている搭乗ゲートがありますので、
そこに向かいます。
香港空港を一度出てしまうと、マカオへの直行便は乗れませんので、くれぐれもイミグレは通らないように
注意が必要です。
飛行機の場合と同じように、おおよそ2時間(実際のオペレーションでは一時間程度でもOK)前に
チケットを買う必要があるので、余裕を持って行動計画を。

香港行きのエアが確定してから、ネットで予めマカオ行きの船を予約できるサイトもあるので、
割り高ですが、予めチケットの手配をしておくのもいいかもしれません。
香港空港からマカオ行きの船は、夕方過ぎには便がなくなりますので、
格安航空券で香港に向かう場合、乗れないケースもあるので注意が必要です。

マカオに到着するのは、前者の一度香港空港を出て(香港の地を踏んで)マカオに向かう場合と同じですので、
次回、まとめて書きます。

PageTop

ギャンブル19「カジノへ行こう」

=Posted by Taka.=

日本からカジノへ出かけるとするとどこがお薦めか?

カジノといえばラスベガス。
やっぱりラスベガスはカジノの本場ですね。
数字的には苦戦が続いていますが、かえって美味しいプロモーションに出会う可能性も高いです。

時間的余裕がある方にはお薦めですが、やっぱり少し遠いですね。
時差もあるし。。。


お手軽で一番近いのは、韓国。
韓国は、ソウルが一番人気ですが、釜山や済州島にもカジノがあります。
時差がないのもいいですね。

次に近いのが、マカオ。
マカオはアジアでは随一の規模なので、遊べないゲームは無いといってもいいくらい。
時差も一時間なのでそんなに気になりません。

最近出来たのはシンガポール。
出来たばっかりなので、すごくきれい。
少し遠いのが玉に瑕ですね。

あと、リゾートの要素を考えた場合、外せないのがオーストラリア。
こちらも南に降りるだけなので、時差が気になりません。

こうやって考えると、日本からカジノに行くには、いろんな場所があって迷いますね。
私の独断と偏見で考えると。。。

時間に限りがあるのであれば、韓国。
リゾートの要素があるほうがいいならオーストラリア。
それ以外なら、なにはともあれマカオ。
になるでしょうか。

いろいろ回ってみたいという考えもありますが、次回ではマカオへの行き方について
書いてみたいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。